写真:岩本順平
2018/4/16 update  新企画「淡水+ma」始動! 

2018/04/16

からほりにかつて魚がいたそうな ー魚になってみる編


久しぶりに開催する淡水のこの企画は、《間の人”ma”》とともに「淡水+ma」として、
空堀の街でWSを開催し、魚となって記憶と空想の物語を描きます。
近々ではありますが、みなさまのご参加をお待ちしております!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

からほりは水のない空っぽの堀でした。そこに魚がいたとしたら。
からほりにいた魚になって、からほりの町を泳ぎ歩こう。
からほりにいた魚の姿を想像してかぶりものを創作し、魚の姿になってからほりの町を泳ぎながら歩く2日間のプログラム。身体パフォーマンスの”淡水”と間の人”ma”とともに、水がないはずのからほりに、魚たちの物語を描きだしましょう。

++参加者募集++

〈1日目〉:4月22日(日)14-17時
からほりの町をかつてあった堀や水辺を思い描きながら散歩します。その後、魚のかぶりものをつくるワークショップをおこないます。集合場所=「上本町1」交差点南西角広場
〈2日目〉:5月6日(日)13時30分-15時30分
魚になって、からほりの町を泳ぎ歩きます。集合場所=調整中
※2日間続けてのご参加をおすすめしますが、いずれかのご参加でも承ります。

【参加条件】
どなたでも
※未就学児のご参加の場合は保護者同伴でお願いいたします。

【定員】
両日とも10名程度

【参加費】
1,000円(1日目ワークショップの費用として。2日目は料金はいただきません。/当日お支払い)
【お申し込み方法】
Webサイトにて受け付けます。
https://ws.formzu.net/fgen/S57709514/

【服装、その他】
多少汚れてもよく、動きやすい服装でご参加ください。水分補給などは各自でおこなってください。荒天以外は雨天決行します。

【お問い合わせ先】
メール:sakana2mail@gmail.com

【主催】
淡水+ma
*この企画は「物語する芸術祭 in からほり2018」のプログラムとして開催します。

【出演者プロフィール】
淡水:振付/演出の菊池航を主宰に2008年近畿大学在学中に結成。「意味はないが無駄は無い」作品で、日常と非日常を行ったり来たりする。サイトスペシフィックな劇場外での公演企画【魚企画】の開催や、近作に、出演者それぞれが3分のかけらを作りそれらをコラージュした「tansui publication」、ギリギリで数を数えることを課しながらダンスを探る「数えきれない」などがある。

ma:広告業界でクリエイティブ・ディレクターとして10余年、人と人の間のコミュニケーションのための方策をクライアントとクリエイターの間に立って全員でかたちにしてきた経験を経て、この度”間の人”宣言し、間の人を究めたく精進する所存。間の人”ma”を、よろしくお頼もうします。

2018/02/18

淡水PV作成しました。

2018年年明け、とあるきっかけで大阪市生野区の街や空き家になっている空間などで踊る風景を使ったPVを作成してもらいました。誰かに撮影してもらっての映像作成は初めてで、ステキにつくってもらえてうれしいです。
テーマは「宇宙人=異邦人」という感じで、ラフに撮影していきました。
撮影・編集は映像作家の山本健太さん。

少々間が空きましたが、近年の活動についての報告と更新をいたします。

2017年は約2年ぶりに淡水として、ヤザキタケシさんの企画に呼んで頂き10分ほどの小作ですが、新作「数えきれない」を発表しました。短い作品ではありましたが、今後これをブラッシュアップしてまた発表出来ればと思っています。

ヤザキタケシ プロデュース公演
『スペースα』
2017/10/15(日)13:30-/17:00-
※各回30分前会場
□会場
KAIKA
□出演
ヤザキタケシ
Lulu3期生(岩田奈々、寺井幸穂、好光義也、ゆざわさな)
淡水(中村真帆、井上大輔、馬場陽子、菊池航)
清水彩加・藤本茂寿
DaMon(渋谷陽菜・藤原美加・山本和馬)
チームヤザキ(生田朗子、山田直子、米田尚子、小泉朝未、鈴木映吏子、中西紘子)

撮影;松田ミネタカ